前へ
次へ

中国語の学習はまずは北京語から

日本に方言があるように、外国語にもその地方独特の言い回しやイントネーションがあります。中国語を学習する際は、この言い回しに気を付けて、なるべく万人に伝わるような発音をマスターすることが重要です。例えば、中国語で「問題ないよ」という表現と言えば、「無問題」と書き「モウマンタイ」と発音する事例が有名です。しかし、この「無問題」は広東語であり、主に台湾や香港など南方地方で使われる言語として知られています。そして、この「問題ないよ」という言葉は、北京語など中央都市では「没問題」と書き「メイウェンテイ」と発音されます。「モウマンタイ」と「メイウェンテイ」では、文字表記も異なれば、発音も全く違いますよね。このように、領土が広い中国ですから言葉そのものが全く違うことが多々あります。中国語を学習する際は、できれば広く通用する北京語で習得するのがおすすめです。そして、そこから自分の興味がある民族や地方に目を向け、さまざまな言語を学習するのもおもしろいでしょう。

Page Top